次の日に疲れを残さない一日の仕事の終わらせ方

  1. HOME > 
  2. 次の日に疲れを残さない一日の仕事の終わらせ方

次の日に疲れを残さない一日の仕事の終わらせ方

5a00268af3c18f6bffe95da07a43df56_s

毎日、遅くまで仕事をしても終わらない仕事。
疲れとともにやり残した仕事だけが溜まっていく。。

そんなことありませんか?

「人はやった仕事の量ではなく、
やり残した仕事の量に疲れを感じる」
と言われます。

せっかく一生懸命仕事をしているのだから
毎日をスッキリ終わらせ毎日を過ごしていきたいものです。

ではどうすれば、毎日完了感やスッキリ感を
感じて仕事を終わらせ、次の日を迎えることが
できるのか?

ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.終わらなかった仕事を洗い出す

人が疲労感を感じるのは、
なんとなく仕事が残っている気持ち。

いくら仕事をしても
「これが終わらなかった」
「あれもやらなきゃ」
と思うと家に帰っても頭の中に
仕事が残って、ずっと考えてしまったり
切り替えられなかったりします。

まずは、終わらなかった仕事を洗い出しましょう。
何が終わって、何が終わっていないのかを
明確にすることです。

2.終わらなかった仕事をいつやるか決める

終わらなかった仕事を洗い出したら、
その仕事をいつやるかを決めていきましょう。

「これは明日の14時から16時でやろう」
「これは、急ぎではないから、一週間後の火曜日にやろう」
など、その日にできなかった仕事は、
いつやるかを決めましょう。

いつやるかを決めると気持ちとしても楽になり、
家に帰っても
「これはこの時やるから大丈夫」
と思えるので気持ちもだいぶ楽になります。

3.やる日を決められないものは、いつやるかを決める日を決める

とはいえ、いつやるかをその場で決められないものも
あるかもしれません。

そんな時は、「いつやるかを決める日を決めること」
いつやるかを決める日を決められない時には、
「いつやるかを決める日を決める日を決める」
ことです。

大切なことは、「期日を切る」ということ。
期日を切れば、そこまでそのことを考えなくても
よくなります。
期日を切らなければ、いつも自分で覚えていなければ
いけないので、夜寝る前になんとなく思い出して、
考えてしまったり、休みの日にもあれをやらなければ
これもやらなければと必要以上に気持ちが休まりません。

やり残したものは、いつやるかを決めて完了を作る。

それが、疲れを残さずに楽にしろとをする方法なのです。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 二見浦セラピーマスター

  • スペシャル講座

  • アンガーマネジメント
  • キットチャンネルトークライブ
  • 在宅診療ネットワークにおける心理カウンセラーの役割
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • 講座・発達障がいという個性
  • GRIT やりぬく力
  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 喪失感のサポートプログラム
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • レジリエンス
  • NLP講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声