カウンセラーに必要な3つの力

  1. HOME > 
  2. カウンセラーに必要な3つの力

カウンセラーに必要な3つの力

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

このブログをご覧になられる方の中には、
心理カウンセラーをめざす方も
多くおられるかと思います。
 
そんなみなさんに質問です。
 
心理カウンセラーに必要な力は何だと思いますか?
 
それは、

  • 傾聴力(話を聴く力)
  • 分析力
  • 統合(ゴール)へ向けての言語化力

 
どれだけ思いがあってもこの3つがないとなかなか、
カウンセリングが上手くいかないケースがあります。
 
今回は、この3つの力についてお伝えします。
 

1.話を聴く力-傾聴力-

カウンセラーは、話をスキルで聴きます。
その技術が、アクティブリスニング。
 
海外の活躍するカウンセラー・セラピストに聞いても、
長く続けるために必要な要素として、このアクティブリスニングを上げる方が
非常に多いです。
 
それだけ、カウンセリングにに必要不可欠な力が、
アクティブリスニングです。
 
人の話を聴けなければ、なにも始まりません。
 
カウンセリングの一番の基本にして、一番重要な要素が
傾聴力です。

2.相手をよく知る分析力

話を聴いてもらっても、「それで自分は何が問題なの?」
と思うことありませんか?
 
聴いてもらってスッキリするけど、その先がどうすれば良いかよくわからない。
その時足りない要素が、この「分析力」です。
 
相手の行動や感情、価値観を整理していきながら、どこにその人の悩みの本質が
潜んでいるのかを見つけ出していくのが分析です。
 
この分析の力が弱いと、なかなか問題の本質に迫ることができずに、
話が進んでいかなくなります。
 
話す側も聴く側もどこに進んでいけばよいかわからない、
迷路に迷い込んでしまう状態です。
 
聴く力を身につけた上で、分析する力を身につけることで、
より相手に深い気づきを感じて頂けます。
 

3.統合(ゴール)へ向けての言語化力

そして、最後に統合(ゴール)へ向けての言語化力を身につけることが、重要です。
 
相手が自分で自分の納得いく答えを見つけるカウンセリングのゴールである「統合」
を迎える上で、カウンセラーが伝える言葉の言語化力は、とても重要な要素です。
 
相手の心に届く、そして、心に響く言葉をいかに伝えていけるか。
これは、カウンセラーとしてのキャリアや経験もとても重要になります。
 
様々なケースや経験を積んで言葉にしていくことを重ねることで身につけていきます。
 

「相手に寄り添う」ということを忘れずに

 
つい、知識とスキルを身につけると相手を変えようと傲慢になってしまうもの。
スキルや経験を身につけたからこそ、「相手に寄り添う気持ち」を最後まで持ち続けることが
一番大事です。
 
その上で、傾聴を身につけてその次のステップへと考えている方は、
分析力を磨きましょう!
 
相手を深く知ればより相手に寄り添えます。
そして相手に必要なものが伝えられるようになります。
 
ぜひ、取り入れてくださいね。


スクール無料説明会のお知らせ

アイディアでは、毎月全国でスクール無料説明会を実施しています。
カウンセラーの仕事に興味がある方、コミュニケーション力を向上させたい方は
ぜひ業界の事から身近な人間関係等のコミュニケーションの事まで
幅広くご説明させていただきますのでぜひ、お越しください。
 
スクール無料説明会のページへ

  • 国家資格受験資格希望
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ

  • スペシャル講座

  • NLP講座
  • GRIT やりぬく力
  • アンガーマネジメント
  • 一龍斎春水さんの朗読会
  • 講座・発達障がいという個性
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • 分析力アップ講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声