やる気を高める脳の使い方

  1. HOME > 
  2. やる気を高める脳の使い方

やる気を高める脳の使い方

6a869fdf43dc529f6dfcd04b95dadc1f_s

これから年末に向けて、仕事やプライベートなど、
さまざまなシーンでやらなければいけないことも増えてきます。
その分、より正確に効率的に仕事を完了させていくことも
求められてきます。

そんな時に重要な要素がやる気と集中力。

でも、やることが多くなるとその分集中して
取り組むことも難しくなっていきます。

自分では頑張りたいのになかなかやる気が起きず
注意が散漫になったり、他の事が気になってしまったりと、
いうことことも多いはず。

そんな時でも、脳を上手く使えば、自然とやる気になり、
集中力も上がっていきます。

1.やる気ホルモン「セロトニン」を増やそう!

特に、やる気ホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を
増やすことで、精神の安定とリラックス、そして幸福感を
得ていくことが出来ます。

同じやる気ホルモンと呼ばれる「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」も適度に分泌されているときは、
意欲ややる気・集中力を高めてくれる神経伝達物質ではありますが、
箇条に分泌されると怒りやすくなったり、依存を起こしやすくなったりと
日常生活に悪影響を及ぼしてしまう事があります。

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンが過剰に分泌されるのを
抑え、適度に保つ役割も果たしてくれます。
また、ドーパミンやノルアドレナリンと違い、ある程度多く分泌されても
セロトニンの場合、悪影響を及ぼす問題はないと言われています。

2.セロトニンを増やすには日光浴!

セロトニン神経を活性化させるのに良い方法は、
太陽の光を浴びること!
太陽の光を浴びることで、目からの刺激が脳へと伝わり、
睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌がストップし、
セロトニンの分泌が活性化されます。

朝起きたら、まずカーテンを開け太陽の光を浴びることから
始めてみましょう!

3.笑うことでセロトニンは増える

親しい人や家族などと楽しく笑っている時、
セロトニンの分泌量は増えます。
人は楽しいと感じるときにセロトニンを分泌し、
幸福感を得るのです。

また、身近な人とのスキンシップも幸福感と安心感が得られ
ストレスも和らげてくれ、次への意欲を満たしてくれます。

やらなければいけないという義務感で取り組むだけでなく、
その中にゲーム性などの楽しむ工夫や終わったときに、
周りと完了の喜びを味わうことで、
やる気を高めていくことが出来ます。

忙しいこれからの時期だからこそ、脳をうまく使って、
やる気と集中力を高めながらクオリティーの高い
仕事や毎日を過ごしていくことで、より充実感や達成感に
満ちた良い日常を過ごしていくことができるのではないでしょうか。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 二見浦セラピーマスター

  • スペシャル講座

  • アンガーマネジメント
  • キットチャンネルトークライブ
  • 在宅診療ネットワークにおける心理カウンセラーの役割
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • 講座・発達障がいという個性
  • GRIT やりぬく力
  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 喪失感のサポートプログラム
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • レジリエンス
  • NLP講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声