今年一年を振り返るメンタルトレーナー的、一年の振り返り術

  1. HOME > 
  2. 今年一年を振り返るメンタルトレーナー的、一年の振り返り術

今年一年を振り返るメンタルトレーナー的、一年の振り返り術

775e5260e62d3282af1a6a9829cf0b77_s

今年もあとわずか。
みなさんにとって今年はどんな年でしたか?

充実の一年を過ごされた方も、そうでなかった方も
新しい一年を迎える前にそして、来年をより良い年にするために!

メンタルトレーナーが行なっている振り返り術をご紹介します。

1.今年のテーマ・目標を洗い出す。

まずは今年のテーマや目標を改めて思い出しましょう。
ついつい、私たちは「何となく今年もダメだった」と
思ってしまうことがあります。

でも本来振り返るべきことは、元々の目的やテーマに対して、
「どうだったか?」です。

何となくの心証に左右されるのではなく、
適切な振り返りをしていくためにも、
元々自分がどんな目標やテーマを掲げてこの一年を過ごそうと
していたのかを思い出していきましょう。

2.そのテーマ・目標に対しての良かった点・できた点と反省点を書き出す。

その上で、まずそれぞれに良かった点や
できた点を洗い出していきましょう。
どんなに小さなことでもできたことは、
書き出し、自分で認めてあげましょう!

次に、反省点を洗い出していきましょう。
なんとなくダメだと思っていたものも、
一つ一つ細かく洗い出していくことで、
「明確化」されていきます。

「明確化」させていくことで、「なんとなく」
ダメだと思っていたものが、どこがイケていなかったが
分かってきます。

3.来年へどうしていくかの改善行動を考える

振り返って、ここがダメだったな、あそこがダメだったな。
で終わるのではなく、大事なのはここからです。

出てきた反省点を、次にどう違いを作っていくかが重要なのです。
出てきた反省点から、来年をどんな一年を過ごしていきたいのか?

そして、そこからどう改善していくか?
を考えましょう。

反省点は、自分が成長していくための大切な種です。

その成長の種から花を咲かせるのもそのまま種のままで
終わらせるのもあなた次第です。

だからこそ、具体的な改善策を考えましょう。

改善点は、いつ取り組むか期日を決めていく。

そして、改善案を考えたら、それをいつ取り組むかの
期日を決めましょう。

「振り返り」を振り返ったままで終わらせるのか、
次の行動につなげるかつなげないかが、反省点から
成長につなげられるかどうかの大きな分かれ道。

でもわかっていてもついつい、日常の忙しさに苛まれると
後回し・先延ばしにしてしまうものです。

期日が決まっていないものは、簡単に先延ばしできてしまいます。

人は大変な時ほど、楽なものに逃げてしまいます。

だから、先に期日を決めてあげることで、取り組む状況を
自分で作ってあげることが重要です。

もし、それでもやりたくないものは、そもそもそれが、
自分にとって必要なことなのかを振り返ってみることも
必要なのかもしれません。

こんな振り返りをメンタルトレーナーは自分に、
そして、選手やクライエントに日々日々行っています。

あなたもまずこの一年をぜひ振り返り、来年を違いを創る一年に
変えていけるよう活かしてみてくださいね。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度
  • ライセンス登録生一覧

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ

  • スペシャル講座

  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 「一流に必要なメンタルコミュニケーション」・「こどもを一流にするメンタルコミュニケーション」
  • ネイチャーフラワーセラピストコース
  • 芸術セラピー体験~あなたの中にある芸術~
  • 芸術セラピー
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 介護職の為のコミュニケーション支援講座
  • GRIT やりぬく力
  • レジリエンス
  • アンガーマネジメント
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • NLP講座
  • メンタルダイエット&ライフ
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声