ストレスに負けない脳科学的対処法

  1. HOME > 
  2. ストレスに負けない脳科学的対処法

ストレスに負けない脳科学的対処法

d250074de3bedf36bfd455b582429e03_s
私達は日常、生活を送っているだけで
様々なストレスに苛まれます。

最近では、そのストレスによって様々な病などへ
発展するということも解明されてきています。

しかし、ストレスから逃れるということは、
現代社会を生き抜く私達にとっては
不可能といっても過言ではありません。

ストレスがかかるとノルアドレナリンなどの
神経伝達物質が分泌され、自律神経の
交感神経が刺激され、心拍数の増加や
血圧の上昇なども起こります。

ノルアドレナリンなどの神経伝達物質は
ストレスを抑えてくれる物質でもありますが、
ストレスに長くさらされていると
ホルモンを生成する物質が不足したり、
ストレスに過剰に反応してしまい、
様々な問題を引き起こしてしまいます。

神経伝達物質の材料が不足すると
ホルモンのバランスが崩れ、
心身の健康に支障をきたしてしまうのです。

ガソリンがなくなった車はいくらアクセルを
踏んでも走れないのと同じように、
材料がないものは作れません。

つまりいくら何とかしたいと思っても、
なんともならない状態に陥ってしまうことが
あるのです。

だからストレスに負けない為にも、
脳科学的視点でストレスに負けない対処法を
知っておくことはとても重要なことです。

神経伝達物質の栄養はタンパク質とビタミン

神経伝達物質の材料は、主にたんぱく質とビタミン類です。
肉や魚などのタンパク質をビタミン類と
一緒にしっかり摂取することで、
ホルモンの生成を助けます。

意識的にたんぱく質の摂取を行なうことで、
不足しているホルモンの分泌を促してくれます。

適度な運動とリフレッシュ

また、栄養・食事を気遣った上で、適度な運動や
リフレッシュや休息の時間を取ってあげましょう。

運動も少し息が上がるぐらいや汗をかく程度の運動を行うことで、
自律神経の副交感神経を刺激し、ホルモンバランスを整え
身体をリラックス状態へと促します。

そして、時にはストレスから解放される時間を
自分に与えてあげること。

ストレスにさらされ続けている状態は、
脳や身体は常に何かと戦い続けている状態でもあります。

ずっと戦い続けるということは、人のできません。
マラソンも24時間365日ずっと走り続けることはできません。

だから、しっかりと休息の時間を取り、
自分の身体と心を労わる時間も必要なのです。

そうすることでホルモンバランスも整い、
ストレスに強い心身の状態を作ることができるのです。

ストレスに打ち勝つためにも食事と休息の質を
見直してみてはいかがでしょうか?


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度
  • ライセンス登録生一覧

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ

  • スペシャル講座

  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 「一流に必要なメンタルコミュニケーション」・「こどもを一流にするメンタルコミュニケーション」
  • ネイチャーフラワーセラピストコース
  • 芸術セラピー体験~あなたの中にある芸術~
  • 芸術セラピー
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 介護職の為のコミュニケーション支援講座
  • GRIT やりぬく力
  • レジリエンス
  • アンガーマネジメント
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • NLP講座
  • メンタルダイエット&ライフ
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声