家族の死

Personal

  1. HOME > 
  2. カウンセリングを受けたい > 
  3. 家族の死

家族を失った深い喪失感や罪悪感から解放されるサポートを

家族が交通事故で突然…私が悪かったんでしょうか…

悩み

「行ってきます」

いつものように家を出て行った小学生の息子が、変わり果てた姿になって戻ってきたのは、その日の夕方のことでした。警察から電話が入り、息子が交通事故にあったことを聞き、あわてて病院に駆けつけました。学校からの帰り道、大きなトラックにはねられ、ほぼ即死状態だったそうです。私は声も出ず、涙を流すこともできませんでした。信じられない、なぜ私の息子が?、うそだと信じたい…。

いつもは帰宅時間になったら、息子を迎えに行っていました。その日は、私が友人と会う約束になっていたので、お友達と帰ってくるように息子に言っていた矢先の事故でした。私がいつものように息子を迎えに行っていれば、息子は事故にあわなかったかもしれない…。

お葬式が終わってからも、息子が学校から帰ってくる時間になると、迎えに行く日々です。息子はもう帰ってこないことは頭ではわかっているのですが、そうしないといても立ってもいられないのです。

失った家族に対する様々な気持ちを感じること

回答

愛する家族が亡くなる。遺されたご家族の方にとっては、身を切られるような思いを持たれることと思います。亡くなった家族はもう戻ってこない…頭ではわかっているけれど、気持ちがついていかないということはよくあることです。

身近な方を失ったとき、私たちの身体・行動・感情には様々な反応が起こります。カウンセラーと一緒に少しずつ、それらの反応が誰にでも起こりうることを知り、怒りや喪失感、罪悪感、後悔を感じる一方で、亡くされた方を心から愛していたことを思い出し、整理することは1つの方法です。

  • 初めての方へ
  • メディア情報
  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします
  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 沖縄セラピーマスター
  • スペシャル講座

  • プロデビュー最短ルート。講師&ファシリテーショントレーニング
  • ケースカンファレンス
  • セクシャルマイノリティカウンセラー養成コース
  • サッカーメンタル
  • インフォメーション

  • スクール紹介
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声
  • ラポールメンバー
  • アイディアはベガルタ仙台を応援しています。