セクシャルマイノリティ

Personal

  1. HOME > 
  2. カウンセリングを受けたい > 
  3. セクシャルマイノリティ

自分の性に違和感を覚えるけれど・・・誰にも言えない

性別を超えて、その人らしく生きていくサポートを

悩み

私が性的違和感を覚え始めたのは、小さい頃からでした。物心ついたときから、戸籍上は男性ですが、自分は女性なのではないかと思っていました。

こんなことを考えているのは自分だけではないかと思いながら、人前では男性を演じなければならないのが苦痛でした。

今では、心も身体も女性になりたいと思っていますが、本当にそうするなら、家族や身近な友達に自分が女性になりたいと思っていることを告白しなければなりません。親は自分が男性であることにとても期待しているので、とても言えないなと思います。友達もきっと、自分のことを避けるようになるのではないかと思います。でも、このまま男性を演じるのは限界なんです・・・。

大切なのは、自分がどうありたいかということ

回答

性の問題は、自分や周囲の人に与える影響を考えることもありますが、周りから理解されないと感じたり、社会からの偏見を感じたりすることが苦しみをうみます。

加えて、もし、なりたい性別になることを選ぶ場合は、社会生活を営む上での手続き面も含めて、悩むこともあるかと思います。大切なのは、どうしたら自分らしくいられるか、自分がどうありたいかということを、整理していくことです。

  • 国家資格受験資格希望
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ

  • スペシャル講座

  • NLP講座
  • GRIT やりぬく力
  • アンガーマネジメント
  • 一龍斎春水さんの朗読会
  • 講座・発達障がいという個性
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • 分析力アップ講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声