宮原真衣

Olympic

  1. HOME > 
  2. イベント > 
  3. 各種レポート > 
  4. 宮原真衣

2008年メンタルトレーナーからみた北京オリンピック

  • オリンピックを終えて
  • 現地リポート
  • メンタルトレーナー&応援団
  • メンタルトレーニングとは

メンタルトレーナー&応援団

宮原 真衣

メンタルトレーナー養成コース 実践生
宮原 真衣

メンタルトレーニングの重要性を実感する事が出来た

私はチアリーチングの社会人チームのキャプテンを務めていましたが、チームは本番に中々うまくいかず、結果も出せない。そんな中、アイディアのメンタルトレーニングに出会ったのが2年前です。それからの2年間、様々な現場に行かせて頂きました。そこではスポーツ選手だけではなく、目標を持って頑張っている方にとってメンタルトレーニングはとても重要な存在であり、受けておられる方々の人生にまで深く影響し、より豊かなものになると実感される方が本当に多いと感じました。そして今回、アイディアからオリンピックに行けるという機会を頂きました。確実に私の人生の中でアイディアにいなければオリンピックを見ることは無かったと思います。私一人の力では決して叶わなかったオリンピックです。たった3日間でしたがとても濃厚な時間を過ごさせて頂きました。それはなにより、世界のトップアスリートがこの4年間をかけて築きあげてきた集大成を、オリンピックという想像を絶するプレッシャーと不安が渦巻く中行われる戦いを自分の目で見ることが出来、それを肌で感じられることが出来たからです。
その中でも印象的だったのが、演技を終えてからの選手の表情です。選手自身の満足する演技が出来た時の表情はとても輝いていて、今でもはっきり覚えています。本番で最善のパフォーマンスを出した者こそが得られる喜びがその表情となって表れているのだと感じました。しかし、全世界のトップアスリートが、全世界が注目するその舞台で、自分のもっている最高のパフォーマンスを出し切ることは本当に難しいことだと思います。
これはテレビで見たものですが、水泳の北島選手が2冠を達成した後のインタビューで「競技があと1時間遅くスタートしていたら、世界新が取れていたと思う。」という彼の言葉を思い出しました。選手達はそういった本のわずかな時間で自分達の体が微妙に変化していくのを知り尽くしているのだなと感じました。それだけオリンピックに良い状態を持ってくるのは難しいことなのだということが伝わってきました。
決して全ての選手が調子がいいわけではないと思います。不安や、プレッシャー、体の調子、怪我、しかし選手達はその状況の中で戦わなければなりません、今回強く感じたことは、選手がどんな状況でも、選手自身がどうやって戦っていくかということを冷静に考えられる状況を作ることがメンタルトレーナーとしての重要な役割の一つだと思いました。その状況はトップクラスの戦いになればなるほど必要になってくると思います。それだけ選手自身にかかっているプレッシャーは私たちの想像を絶するものだと思うからです。コンマ何点の数字でメダルの色が変わってしまう、それはもう最終的には技術の差ではなく、メンタルの差であると強く感じました。今回のオリンピックを見たことで、メンタルトレーニングを伝える者としてその重要性と、それ以上重みを改めて実感しました。

▲ページトップに戻る

  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 二見浦セラピーマスター

  • スペシャル講座

  • アンガーマネジメント
  • キットチャンネルトークライブ
  • 在宅診療ネットワークにおける心理カウンセラーの役割
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • 講座・発達障がいという個性
  • GRIT やりぬく力
  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 喪失感のサポートプログラム
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • レジリエンス
  • NLP講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声