多様なシステム活用

多様なシステム活用
メンタルトレーニングでは、対話を通じた自己マネジメントやイメージトレーニングだけではなく、脳科学や生体工学に基づいて心だけではなく身体からもアプローチを図ります。
心と身体はつながっています。
ニューロトラッカー

海外ではすでにジュニア選手も利用している脳トレーニング機械を用いて、海外のジュニア選手同様に、動体視力、周辺視野、集中力アップ、マルチタスク能力とともに、アスリートに必須となる「空間認識能力」の向上ができます。

多様なシステム活用

空間認識能力とは三次元空間における物体の状態や関係を、すばやく正確に把握する能力のことを言います。この能力が高いと道具や物体との距離感をつかめるだけでなく、自分の身体をコントロールするうえでも重要な役割を果たしています。トップレベルになればなるほど、繊細な身体のコントロールも必要になるため、この能力を高めることは脳のパフォーマンスも高め、勉強やスポーツでのパフォーマンス向上が期待できます。

例えば体操のトップ選手は、空中で自分の身体を自在にコントロールする必要があります。その時に今自分はどの位置で何回転しているのか、着地までにどのくらいの距離があるのかを瞬時に判断しコントロールしているのです。

サッカーにおいては空間認識能力が高いと、ヘディングのジャンプをした時に敵、味方、
ボール、フィールドを全て一瞬で把握し、適切に味方にパスを出すことができます。
また、周辺視野と呼ばれる、視点が当たるところ以外の部分まで見られるようになり
ますので、ありとあらゆる場面で空間認識能力は大切になります。そして、この空間認識能力は生まれもっての才能ではなく、トレーニングで高めることが可能です。
つまり、天才は育てることができるのです。

実際にスペインのバルセロナFCやイギリスのマンチェスターUなどは、ジュニア選手にこのトレーニングを取り入れています。そしてクリスティアーノ・ロナウドをはじめ多くの才能が育成されています。アイディアではサッカーJリーグのクラブチームのメンタルトレーニングや代表選手のメンタルトレーニングの実績を活かし、これらをジュニアアスリートに展開し始めました。
今、日本で唯一ジュニアアスリートが空間認識能力を高めるトレーニングが受けられるのは、アイディアメンタルトレーニング個別塾だけです。

箱庭セラピー
多様なシステム活用

箱庭セラピーは、砂の入った箱の中に様々な人形などを用いて物語を作り、深層心理や潜在能力を見出すことができます。言葉では表現することがしにくい人でも、意識していることだけではなく無意識の思いや感情に気づき、表現することができますので、自分自身を深く知り、次のアクションにつなげることができます。

アイディアメンタルトレーニング個別塾とは

勉強、スポーツ、芸術、あらゆる世界において、その人の持てる能力は大切です。しかし、その能力を開花させ成功を収めるためにはメンタルの強さが必要です。
近年は、日本のアスリートたちもしきりにメンタルを意識するようになってきました。メンタルが、良い結果をもたらすことを知り始めたからです。

アイディアメンタルトレーニング個別塾は、これからは無限の可能性を持つ多くの子ども達に、メンタルトレーニングを通じて、勉強・スポーツ・芸術から普段の生活に至るまで、成功するための土台、つまり「生きる力」を培ってもらうための個別塾です。

© アイディアメンタルトレーニング個別塾 All rights reserved.