試合に負けた理由を振り返る重要性

lost-the-game

スポーツの大きな試合の大会で最後の最後に負けてしまったり、大きな期待を受け一生懸命練習をしてきたのにボロボロに負けてしまった時にはとても落ち込みますし、負けてしまったという事実を受け入れるまでに時間がかかってしまいます。しかし試合での負けを認め、どうして負けてしまったのか理由を探っていくことこそが重要なのです。

試合に負けた時に考えるべきこと

もしあなたの子供が一生懸命練習をしていたにもかかわらず相手にコテンパンに負けてしまったらあなたはどうしますか?落ち込んでいる子供を見てかわいそうに思うので、どうにかしてあげたいと思うでしょうが、親の何気ないフォローや叱咤激励が子供のメンタルやその後の人生に大きく影響を及ぼす可能性もあるのです。子供が試合に負けて酷く落ち込んでいる場合には、「負けることは悪いことではない」「落ち込む必要はない」ことを伝えましょう。そして子供と一緒にどうすれば次は勝つことができるかを考えていくことが大切なのです。子供と一緒に真剣に負けた理由についても考えるのです。そうすれば次の試合に勝つためには自分がどうすべきなのかが分かってきます。

親の中には子供を励まそうと考えて、「相手は体が大きいから仕方がない」だとか「うちは小柄な家系だから仕方がない」などと余計な情報を吹き込む人がいます。このようなことは子供の成長や子供の可能性を摘んでしまうのです。たとえ小柄であってももっとご飯を食べて大きくなれば次こそ相手に勝てるかのしれないと考え、たくさんご飯を食べるようになれば家系が小柄であろうとも、案外大きく成長できるものなのです。

子供が負けて落ち込んでいる姿を見るのはつらいでしょうが、負けたときこそが成長できる大きなチャンスなのです。勝つためには何を目指せばいいのか、と真剣に考えていくことでメンタルだけではなく体の強化や技術面の強化も目指せるのです。

負けた理由がわからないときの対処法

試合に負けてしまった後には悔しい気持ちが残っているでしょうが、まずはどうして相手に負けてしまったのかを真剣に考え、理由を探っていきましょう。試合に負けてもその理由をあいまいにしている選手がいますが、これは一番良くありません。負けた理由がはっきりしなければまた同じように負けてしまうでしょう。いまの現状を打破するためには負けた理由を把握してもっと強くなるためにはどうすべきかを考えなければなりません。

試合後に頭の中を整理するためにも試合の状況をノートに書きだしてみましょう。試合の状況を詳しくかきだして客観的に見て行けば試合に負けた理由が分かってくるはずです。どうしても何度考えてもわからない場合には、周囲の人や指導者になぜ負けてしまったのか意見を求めてもいいでしょう。

負けてしまった試合を振り返るのは苦痛が伴うでしょうし、出来るなら振り返りたくないかもしれませんが、もっと強くなりたいと思っているのであればきちんと負けた試合を振り返って、次の試合に勝つためにも敗因の原因を明らかにしていくことが重要なのです。

結果がなかなか出ないときイメージすべきこと

スポーツを行っていると、一生懸命頑張っているのになかなか結果が出ない時もあるでしょう。そんなときが何度も続いていくと選手はどんどん気持ちがダウンしていき、最終的には自信をなくしてしまうものです。自信をなくすと選手は「もうやめたい」「もう無理」だと思うようになります。さらに思うように体が動かず強い相手に負けてしまったら「この試合をする意味がどこにあるのか」などと考えてしまうのです。これは完全に自信をなくしている状態です。本人が自信をなくしているのが分かっていなくても周囲の人が気づいているでしょう。このような状態になっているときには、一番良かった時の状況を思い出すのです。今まで行ってきた試合に中で一番力を発揮できた時の試合の思い出を語ってもらうのです。そうすることで脳は自信が合って伸び伸びとプレーが出来ていた時の状態になります。そして再び自信を取り戻すきっかけとなるのです。

選手の多くは一番良かった試合の思い出を聞くと、絶対に無理だと思っていた強い相手に逆転の末勝てた経験を思い出す人が多くを占めます。このような試合の状況を思い出すことで自分の自信につなげ、次の試合ではもっと思い切りチャレンジしていこうという強い気持ちにつなげていくことができるようになるのです。チャレンジする気持ちが自信を取り戻すきっかけとなるのです。

試合に負けてしまってもそのままにしていてはいけません。どうして負けてしまったのかその理由を探っていくことが大切です。試合に負けて真剣に落ち込んで、次の試合に勝つためにどうすべきかを考えることで成長していくことができるのです。また、負けた理由がわからない場合には、自分の試合を客観的に見つめ直したり、周囲の人に効くなどして負けた理由を探っていきましょう。負けが続くと自信をなくしてしまうこともあります。自分の一番良い試合の思い出を振り返ることでもう一度やる気とチャレンジ精神を思い出し、自信の復活につなげていきましょう。