昔と今で異なる「理想」とするリーダー像

team-building


仕事をするうえでは必ずと言っていいほどリーダーが存在します。仕事はリーダーによって進む場合もありますし、会社で仕事をすることが楽しくなることもあります。その逆もあることです。リーダーの存在は大きなもの。しかし、現代では昔とは違ったリーダー像が求められているようです。

今の時代は個別のリーダーが求められている

リーダーというとみんなをまとめ、言葉巧みにみんなを引っ張っていく、というイメージを持つ人も多いでしょう。理想とするリーダー像としては、頼りがいがあり、困ったことやトラブルがあったときにはすぐに対策を立ててくれて、解決してくれる、そんなリーダーがいれば仕事も楽でしょう。しかし現代では、パワーだけあり、言っていることは無理難題が多く、それについていけないなら会社なんて辞めてしまえ、と言うようなリーダーにはついていけない、という風潮になっています。確かに、みんなをグイグイと引っ張っていってくれるリーダーは頼もしい反面、無理を言うことも多いのです。それができないと、自信を失ってしまいます。そのようなリーダーは、現代においてはもはや理想とするリーダー像ではないのです。

そもそも、リーダーだけに責任やすべてを任せない方がいいのです。チーム全体を見るリーダーがいれば、他に個別のリーダーがいてもいいのではないでしょうか?すでに、教育担当がいるなら、その人は教育のリーダーです。社内の掃除を率先して行っている人がいれば、クリーンリーダー、不足している文房具などに気づいていつも発注している人がいれば、その人は文房具リーダーです。このように、リーダーは一人ではなく、個別のリーダーがいることが求められているのです。

リーダーを立てなくてもモチベーションを上げることはできる

リーダーになると、どのようないいことがあるでしょうか?みんなよりも偉い気分になれる、みんなから意見を求められ、頼られる、給与に上乗せがある、責任を持って仕事ができ、やりがいを感じることができる、といったところでしょうか?しかし、現在ではリーダーになりたがらない人が多くなっています。リーダーになっても、煙たがられる、仕事量が増える、責任が重い、仕事が増える割には給与が高くない、などといったデメリットがあるからです。特に、何かあったときに責任を取らされるということもあり、メリットを感じないのでしょう。

それに加え、リーダーが現場のことやチームのことをよく知らない管理者の場合、誰もそのリーダーについていきませんし、そういったリーダーに何を言われても説得力がないため、モチベーションも上がらないのです。リーダーがいるということは、それほど重要ではなく、どのようなリーダーがいるか、ということが大切なこととなっています。間違っても管理者するリーダーと管理されるチームメイト、という関係性がいいとは、言い切れなくなっています。チームメイトのモチベーションが上がらないリーダーなら必要なく、形を変えた組織の方が、みんなのモチベーションをキープできるのです。

理想とするリーダーの作り方

それでは、どのようなリーダーが理想なのでしょうか?前述したように、個別のリーダーがいるという組織は、活性化につながるものです。リーダーとしての責任はあるものの、それは明確な業務に対する責任です。自分が得意としていることのリーダーなので、何をすればいいのかを理解しやすく、リーダーとしての仕事もしやすいのです。さらに、そのリーダーぶりを認め、讃えることで、本人に自信がつき、さらにリーダーとしての役割と責任を自覚し、質の高い行動をしてくれるでしょう。それが仕事にも反映されると言えます。そういったリーダーがたくさんいることで、チーム内は生き生きとした雰囲気になるのではないでしょうか?

また、リーダーを決める際には、もともと人望があり、前向きな人が向いていると思いがちですが、そういった人はわざわざリーダーという名称をつけなくても周りからは信頼され、リーダー的な存在になっているので、違った人にリーダーをしてもらいましょう。例えば、現場において口うるさいながらも仕事をしっかりしている人。口うるさいということは、いろいろなことに目が行く人です。周りのこともよく見ているでしょう。そういった人にリーダーを任せてみるのです。最初は嫌がるかもしれませんが、周りはそういった人の言うことはきくものですし、やり遂げる力は持っていますので、何かを成し遂げた時には一言でもいいので褒めてあげるのです。褒められることで、うれしくなりさらに質の高い仕事をしてくれるでしょう。

トップダウンの組織は部下はついていきません。現代の組織においては、身近にいて、仕事内容をよく理解している人がリーダーになることが必要です。さらに、組織の中には個別のリーダーがいることも、チームの活性化につながるのではないでしょうか。



説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る