リーダーに向いてる人の特徴とは?

mental-column18

リーダーに向いてる人、というと行動力があって、精神的に強い人と考える人も多いでしょう。本当にそうでしょうか?リーダーに向いている人、というのは心が強くないとできないものでしょうか?リーダーに向いてる人の特徴について考えてみましょう。

引っ張っていくタイプのリーダーの特徴

リーダーの中には引っ張っていくタイプがいます。行動力があり、自分自身もバリバリと仕事ができるため、部下にもそれを求めることが多いでしょう。自分の要望通りにできないと叱咤激励をしながら、お尻を叩いてがんばらせようとするタイプです。しかし、こういったタイプが苦手な人も増えています。このようなタイプのリーダーだと、自分のペースで仕事ができず、かえってストレスを溜めてしまいます。また、自分は仕事ができないのだ、と感じさせてしまうため、自信を失わせてしまうのです。そうなると、このようなリーダーにはついていけない、と感じてしまう部下も多いです。

引っ張っていくタイプのリーダーには、もう一つのタイプがあります。自分が先頭に立って部下をグイグイと引っ張っていくのではなく、肩を並べて仕事をしながら引っ張っていくタイプです。自分は仕事ができるという雰囲気は出さず、一緒になって考える、行動する、ということをするため、チームメイトは安心して仕事ができます。そばにいて一緒に仕事をしてくれるので、仕事も覚えやすく、ストレスを溜めずに仕事ができるでしょう。先頭に立ってグイグイと引っ張っていくタイプのリーダーが悪いわけではありませんが、どちらかというと、一緒に仕事をしてくれるタイプのリーダーの方が、仕事がしやすいと感じる部下は多いようです。

フォローしていくタイプのリーダーの特徴

現在では、仕事の多様化によりリーダーとなっても、部下の方が仕事ができる、仕事内容を深く理解している、というケースも多いです。そういった場合、自分が一緒に仕事をする、指導をするというスタンスは取れなくなります。部下の方も、何も知らない上司が来た、と歓迎してくれないでしょう。そういったケースではフォローしていくリーダーとなることをおススメします。

専門的な仕事内容においては部下の方がキャリアもあるので、どんなに勉強をしても自分が指導することは無理です。そこで、部下の思うように、好きなように仕事をさせます。しかし、大事なのは、自分勝手に仕事をさせるのではなく、リーダーとして譲れない部分がしっかり伝えておきましょう。自分が納得できないことができない、という体制を作るのです。その中で、困ったことや相談があれば、何でも言ってもらいます。責任者であるリーダーにしかできないこと、というものがあるはずです。その点をうまく利用して仕事をしましょう、というスタンスでいることです。そうすれば部下は敵対心を持つことなく、自由に仕事ができる、困った時には頼りになるリーダーがいる、と感じるようになるでしょう。

どんな人がリーダーに向いているの?

リーダーに向いてる人は、仕事ができて、責任感が強く、精神的に強い人、と考えるでしょう。努力をすることを嫌がらず、他人がいやなことを引き受けて仕事をする人、と関上げる人もいるでしょう。しかし、リーダーは強い精神力を持っていなくてもいいのです。責任感がないと困りますが、それは人一倍なくてもいいのです。リーダーといっても、チームの責任をその人すべてが担うということではなく、チームの一つの役割なのです。チーム全員が力を出し合い、成果を出すことができるチーム作りができれば、リーダーは精神的に強くなくても、飛びぬけて仕事ができなくてもいいのです。

例えば人格者ではないけれど、洞察力に優れていれば、チームメイトの個性を見抜いて適切な仕事を振ることができるでしょう。熟考するタイプの人であれば、不要なミスをすることなく、仕事を順調に進めていけるかもしれません。他人をいい気分にさせることが得意な人は、チーム全員の気持ちを前向きにして、仕事の成果を上げることができるでしょう。どのような人にも個性があり、リーダーとしての資質があると考えられます。その人が持つ個性を活かすことで、チームのリーダーとしての役割を果たし、チームを成長させていくことができるのです。チームリーダーはこういった人でなければいけない、というものはないと考えてもいいのではないでしょうか?精神的に強くなくても、人格者でなくても、リーダーになれるのです。

チームの先頭に立ち、チームメイトをグイグイと引っ張っていくタイプのリーダーとなるのは、現在の社会では難しいことかもしれません。そういったタイプのリーダーにはついていけない部下が多いものです。チームのリーダーというのは、このような人が向いている、とは言い切れず、チームみんなで力を合わせて成果を出せるチーム作りができれば、メンタルが弱くても、仕事が飛びぬけてできなくても、大丈夫です。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る