まずはチームを育成する必要性について知ろう!

team-building

スポーツにおいてチームがうまく機能していくことは非常に大切なことです。一人一人の技術力だけが高くてもチーム力が高くなければそのチームは強くはなれません。また、チーム内の一人だけが特別強くてもそのチームは強いチームだとは評価されることはないのです。チームの技術力を上げるためには選手たちがコミュニケーションを積極的にとることが必要なのです。

チームが弱いとどうなるの?

チームが弱ければその中の選手がどんなに強くても周囲からの評価は高くはないでしょう。選手の中に優秀な人がいたとしても、チームとして弱いのであれば、強いチームとして見てはもらえません。たとえば、野球チームがあったとします。4番バッターが素晴らしい優れたバッターだとしても試合では1回戦ですぐに敗退してしまうようなチームでは、強いと認められることはないのです。

これはスポーツだけでなくビジネスでも同じことが言えるのですが、チームは結果を出すことで周囲の人たちに高く評価されるのです。チームが結果を出すことでチームが評価をされひいては選手一人ひとりの能力も評価されていくことになるのです。近頃はこのチームにいることはたまたまだ、などと平気で考えている選手もいますが、いくら自分に実力があってもチームの力を上げなければ評価に値しないのです。

個人の力養う意味

チームに所属しているなら、選手一人一人はチームから大きな恩恵や育成を受けているのです。ただしチームと選手との付き合い方には3つのパターンがあります。一つ目はチームと選手とがお互いに大切に思い合っている相思相愛です。これは一番望ましいと思われる関係性です。二つ目は片思いです。自分はチームのことを好きでもチームからは評価をしてもらえないパターンです。この場合には、どうすればチームから評価をしてもらえるかを考えましょう。チームが好きだからチームに所属していれば心が満たされるでしょう。

しかし活躍の場が無ければ評価が上がることもありませんし、自分の力がみすみす埋もれていくのをただじっと我慢してやり過ごさなければならないのです。どんなにチームが好きでも他に活躍の場があるのなら、そのチームから離れるのも一つの考え方です。チームにこだわりすぎては活躍の場が狭まってしまいます。もっと活躍したい評価をしてもらいたいと願うのであれば、どこであれば活躍の場が広げられるかを考えていきましょう。3つ目はお互いに嫌っているパターンです。チームのことが嫌いでチームも評価をしてくれないなら、一緒にいても良いことにはなりません。そろそろ別のステージでの活躍を考えるべきです。

チームの力を養う事にも繋がる!

チームの中ではコミュニケーションが大切です。チームのリーダーばかりが選手たちとのコミュニケーションを取るのではなく選手全員がコミュニケーションを取ることを積極的に行うことがチームの力を上げていくためには必要なのです。まだチームに入ったばかりの新人だからと言って遠慮することはないのです。どんな立場であってもコミュニケーションを取ることでチームの雰囲気を変えていくことはできますし、チームを育成し変えていくことができるのです。チームに影響を与えたいと思うのであれば、選手同士でコミュニケーションを上手にとっていきましょう。

チームが機能しているか判断する3つの質問

チーム力を上げていくためにはチームが機能をしているかどうかが重要です。チームが機能しているかどうかを判断する基準になる3つの質問があります。「チームでの自分の役割を果たしていますか?」「チームで連携しないと勝てないことが分かっていますか?」「チームの目標は明確になっていますか?」これら3つの質問の答えがすべて○であれば、いうことはありません。今のまま突き進んで行けばきっとチーム力は上がり勝つことができるでしょう。しかし、一つでも×が付いてもダメですし、△が付いてもチームが勝つことはできないでしょう。

どんなチームであっても選手一人ひとりが自分の役割を認識し、急通の目標を持って連携していけばきっと勝つことができるでしょう。

弱いチームの中に優秀な選手がいたとしてもすぐに負けてしまうようなチームではチームも選手も評価されることはないのです。どんなチームであってもチーム力を上げるために、選手が自分の役割を明確にして、みんなで目標を掲げてそれに向かって連携していくことができれば勝つことができるでしょう。チームとの自分の関係性が相思相愛なら活躍に応じた評価をしてくれるでしょうし、問題はありませんが、片思いであったり、お互いに嫌い同士であれば、活躍の場を求めて次のステージを探していきましょう。どんなにチームが好きであっても評価をされないなら、今後どうしていきたいのかを考えて方個性を考えていくべきです。いつまでもしがみついていても状況は良い方向には進まないのです。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る