リーダーに求められる3つのコミュニケーションスキル

  1. HOME > 
  2. リーダーに求められる3つのコミュニケーションスキル

リーダーに求められる3つのコミュニケーションスキル

42e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

あなたは部下や後輩との日頃のコミュニケーションはどのようにしていますか?

部下や後輩だったときには、上司や先輩に
「もっとこうしてもらいたい。」
「こんな言い方されたくない!」
など思っていたこともあったのではないかと思います。

でも自分が先輩や上司になってみると気がつけば、自分が苦手だった上司や先輩と
同じことをしていたりすることもあるのではないでしょうか。

チームのリーダーに求められるコミュニケーションとは?

チームに求められる結果を出すためのコミュニケーション術。
ぜひ参考にしてみてください。

1.聴き上手になる。

コミュニケーションで大事なことは信頼関係です。
信頼関係を築くためには、しっかり相手の話を聴くことです。

後輩や部下の場合には、ついついこちらが話しすぎてしまうことが往々にしてあります。
相手が萎縮したり、遠慮していたりするとなおさらです。

こちらもついつい
「後輩だから教えてあげなければ。」
「部下は自分の話をきいていれば良いんだ。」
などと相手の話になかなか耳を傾けることができないこともあります。

だからこそ、相手の話をしっかり聴くことを大切にしてみましょう。
相手の話を遮らず、まずは聴いてみる。
相手は「聴いてくれる」と思うだけで気持ちはだいぶ楽になります。
またしっかり話を聴いてくれるということがあなたへの信頼感にも繋がります。
そんな日常の信頼関係がチームの雰囲気を良くし、
「この人の為にも!」
というモチベーションやチームの結果に繋がっていくはずです。

2.褒め上手であれ。

人はみんな人から認められたいという、承認欲求があります。
特に自分が憧れる先輩や上司に認められることは、
「もっと頑張ろう!」
という次へのモチベーションややる気に繋がります。

特に、相手が残した結果や成果は勿論、その為の取り組んできた努力や取り組み、
他の人にはなかなか見えない一面などを認めていくことで、相手のやる気を引き出していくことができます。

3.将来のビジョンを見せる。

人は目的がないとなかなか動きません。
会社やチームの目的ばかりを押し付けてもどんどん相手のやる気はなくなっていくばかりです。

その人の将来のビジョンと会社やチームのめざすものを語り合いながらその擦り合わせをしていくことが大切です。
そしてその一部分でも重なるところを見つけていくこと。
自分の目的と会社やチームの方向性がどこか一部分でも重なっていれば、会社やチームの為に取り組むことが自分の目的にもなるということで、これまで以上に取り組むべき役割を自分からしっかり取り組んでくれるようになります。

一人ひとりにオンリーワンのコミュニケーションを。

一人ひとり話したいことも認めてもらいたいことも目的も違います。
通り一辺倒のかかわりではなく、チームメンバー一人ひとりにあったかかわりをするのとが、コミュニケーション上手なリーダーです。

ぜひ参考にしてみてください。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 二見浦セラピーマスター

  • スペシャル講座

  • アンガーマネジメント
  • キットチャンネルトークライブ
  • 在宅診療ネットワークにおける心理カウンセラーの役割
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • 講座・発達障がいという個性
  • GRIT やりぬく力
  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 喪失感のサポートプログラム
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • レジリエンス
  • NLP講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声