ストレスに強くなる3つの方法

  1. HOME > 
  2. ストレスに強くなる3つの方法

ストレスに強くなる3つの方法

3d41364c7f8018286b63b32562de3b3a_s

あなたはどんな時にストレスを感じますか?
疲れている時、
忙しい時、
自分の思い通りにいかない時など
様々な場面で人はストレスを感じます。
ストレスは、取り除くのではなく、
上手な付き合い方をを身に付けることが、
とても重要なのです。

ストレスに強くなるには、どうすればよいか?

逃げるのでもなく、
感じないフリをするのでもなく、
ストレスに強くなる方法をお伝えします。

1.ストレスはトレーニングで強くなる

つい、ストレスの話をするといかにストレスを
感じないようにするかということを考えがちです。
しかし、ストレスは感じないようにするのではなく、
感じた時にどうするかが重要なのです。
また、感じたストレスに対して、つらいと感じるかどうかは、
その人のストレス耐性に関わります。
そして、人は鍛えることでストレス耐性を
高めることができるのです。

あえて、自分の苦手な環境や状況を作り、
その状況下で過ごしてみましょう。

自分から「これはトレーニングだ」と思って
苦手な環境に飛び込むことで、ストレスに対して
慣れていくことができ、ストレス耐性は上がります。

ストレスから避け続けていては、
ストレスには強くなりません。

トレーニングとしてあえてストレスに感じる場所へ
身を置くことで、ストレス耐性は高まり、
ストレスに強いメンタリティーを手に入れることができるのです。

2.ストレスは吐き出すことで強くなる

意識的に苦手な環境に飛び込んで、
ストレス耐性をつけていくと気がつくと
ストレスを溜めこんでしまうことも考えられます。
溜めこんだストレスは、吐き出してクリアに
していくことが重要です。

満足するまでムカついた気持ちや不安な気持ちなど
心の中にある感情を言葉にして思い切り吐き出してみましょう。
状況の説明などはせずに、とにかく「怖い!」とか「不安だ!」とか
「ムカつく!」「悲しい!」など、感情の言葉を吐き出していきましょう。

感情は集中して吐き出すと1分~2分程度で
かなりスッキリするものです。
集中的に感情だけ吐き出すだけで、
溜まっている感情をクリアにさせることが
できるはずです。

3.ストレスは楽しむことで強くなる

ストレスになれることや溜まったときの対処を身に付けたら、
今度は、ストレスを楽しんでみましょう。
ストレスには、プラスとマイナスがあり、
私たちは知らず知らずの内に、マイナスのストレスだけ
受け取っているのです。

しかし、心地よいプラスのストレスもたくさんあります。
プラスのストレスとは、褒められることや嬉しいことや
楽しいことなどの心地よい刺激の事です。

この、心地よい刺激をたくさん感じてみましょう。

無意識に何となく生活しているとマイナスのストレスは
溜まっていきますが、プラスのストレスは、感じずに
流されてしまいます。
意識的に楽しむことで、プラスのストレスを
たくさん感じていきましょう。

楽しみながらトレーニングして、溜まったら吐き出す。
その繰り返しがあなたをストレスに強いメンタリティに
変えていきます。


説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る
  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 二見浦セラピーマスター

  • スペシャル講座

  • アンガーマネジメント
  • キットチャンネルトークライブ
  • 在宅診療ネットワークにおける心理カウンセラーの役割
  • メンタートカウンセラー育成コース
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • 講座・発達障がいという個性
  • GRIT やりぬく力
  • 犯罪心理プロファイリング
  • メンタルコンサルタント育成コース
  • 喪失感のサポートプログラム
  • メンタルダイエット&ライフ
  • 芸術セラピー
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • セクシャルマイノリティサポートカウンセラー養成コース
  • レジリエンス
  • NLP講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声