子どもへのアドバイスで気をつけるべきこと

  1. HOME > 
  2. 子どもへのアドバイスで気をつけるべきこと

話を聞ける準備でなければ、アドバイスをしないことは大切!!

 

今回のテーマは
子どもへのアドバイスで
気をつけるべきポイントについて
お話をしていきます。

親として、子どもに良かれと思って
ついついいろんなアドバイスをしがちです。

例えば、試合に負けた子どもに対して
「もっと、こうすればよかったんじゃない?」
と言ってしまうことってありませんか?

しかし、そう言われた子どもは
反抗したり、反発したりするものです。

子どもへのアドバイスは
相手が話を聞ける状態であること
がとても大切なポイントです。

これをメンタルトレーニングでは
レディネスと言います。

相手の聞く準備が
整っていなかったら
どんなに有効なアドバイスも
活かせないのです。

相手のレディネスが
整っていなければ
基本的にはアドバイスを
しないようにしてください。



話し合った後は、最後は子どもに決めさせよう!!

 

私は子ども達や選手達に

「すごくいい方法があるんだけど
今はまだ、そこまで行っていないから
教えない」

「前に出た課題を全部
やってくれたら教えるけど
今は簡単には教えないよ」

と言って、全部は教えないように
しています。

ここでのポイントは
親やメンタルトレーナーが
与えすぎると
子どもは話を聞けなくなるのです。

心理学やメンタルの知識は
「知らない人」と
「知っているのにやらない人」
とでは
「知っているのにやらない人」
のほうがダメなのです。

むしろ、知識を知った以上は
絶対に行動に移せるぐらい
いろんな状況が整って
いないといけません。

知識は知っていても
実際にやらないでいると
ついには鈍感な人に
なってしまうのです。

わかりしゃすい例を出しましょう。

ダイエットの方法は
いろいろと知っているけれど
実行しない。

これでは、いつまで経っても
痩せられません。

子どもをそうした
鈍感な人にしないためにも
アドバイスのひとつひとつを
価値あるものとして
伝えていかなければ
いけないのです。

思春位の子どもが
聞く状態になっていない時に
親がアドバイスをすると

「うるさい。わかっていないのに
言わないで!」

と言われて
子どもと険悪な雰囲気になることが多いです。

だから、きちんとレディネスを
作ることが大事なのです。

お子さんのメンタルについて
続きが気になる方は
「子どもの可能性を120%引き出す!
メンタル強化メゾット50」
をぜひ、読んでみてくださいね。

  • 友だち追加
  • お友達登録された方には無料体験講座クーポンをプレゼント

     

  • 初めての方へ
  • 心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格取得基礎コース
  • メディア情報
  • ライセンス制度
  • ライセンス登録生一覧

  • 新着コース情報

  • レジリエンス
  • アートセラピーワークショップ
  • プロデビュー最短ルート。講師&ファシリテーショントレーニング
  • SNSカウンセリングトレーニングコース

  • メンタルトレーニングを受けたい

  • 目標達成のお手伝いします

  • カウンセリングを受けたい

  • 心の癒やしが必要なあなたへ
  • 沖縄セラピーマスターコース
  • zoomセラピーマスター

  • スペシャル講座

  • 心理テストライター基礎コース 分析力アップ講座
  • NLP講座
  • 超実践犯罪心理プロファイリング
  • セクシャルマイノリティカウンセラー養成コース
  • 介護のためのコミュニケーションとストレスケア
  • センシティブカウンセラー養成講座
  • GRIT やりぬく力
  • レジリエンス
  • アンガーマネジメント
  • 発達障害支援カウンセラーコース
  • アニマルセラピー的かかわり講座
  • ストレスチェックコンサルタント

  • インフォメーション

  • アイディア沖縄コテージを予約する。
  • 浮世満理子のリスニングトレーニングDVD販売
  • スタッフ紹介
  • 修了生の声