夢や目標をイメージしよう!小さな人生の目標の立て方

small-goal


人生は大きな海みたいなもので、なんとなく日々を生きているだけではただ流されていくだけになってしまいます。夢や目標は、人生の羅針盤。充実した人生を歩むために、夢や目標を持ちましょう。とはいえ人生の明確な目標を持つのは難しいもの。そこで、小さな目標をたくさん持つことをおすすめします。今回は、人生の目標の立て方をご紹介しましょう。

夢や目標を形にしたコラージュを作成する意味

「自分にとって、人生の夢や目標はなんだろう?」と考えた時、明確な答えが出る人はなかなかいません。それは人生のテーマであり生きる意味でもあるので、ハッキリと決めるには難しいものだからです。とても一言では言い表せないですし、そもそも言葉にするのも難しいですよね。しかも、人生の夢や目標がたったひとつであるとは限りません。仕事で成功したい、結婚したい、お金持ちになりたい、世界中を旅行したいなど、たくさんあるのが普通です。

そこでおすすめするのが、「夢や目標を表したコラージュを作成する」という方法。コラージュとは、フランス語で「貼り付ける」という意味を持った絵画の技法です。好きな絵や写真を自由にコラージュし、夢や目的を表現してみましょう。文章にする必要がないので、誰でも気負わずできるはずです。コラージュを作ることで、自分の内側にある言葉にできない夢や目標を簡単に表現することができるでしょう。なかなかハッキリとしないイメージを持っている人でも、出来上がったコラージュを見れば自分が何を求めているのか見えてくるはず。しかも内容がひとつである必要もないので、小さな夢や目標をたくさん見つけることができます。自分が何をしたいのかわからないという方にこそ、おすすめの人生の目標の立て方です。

コラージュを作る方法

まずは大きな白い紙を1枚用意しましょう。そして好きな雑誌や本、新聞やチラシ、フリーペーパーやパンフレットなどをたくさん用意して、好きなイラストや写真、キーワードなどを切り抜いてください。その切り抜きを白い紙に、「将来の自分」をイメージして自由に貼っていきましょう。もちろん自分や友人の写真を貼ったり、ペンでコメントや文字を書き込んだりしてもかまいません。メインとなる夢・目標を大きくしても良いですし、小さな夢・目標をたくさん並べても良いでしょう。ルールはないので、「こうなりたい」「こんなことがしたい」という思いを自由に表現してください。楽しみながら作っていきましょう。

完成したコラージュは、人によって全く異なるはずです。たとえばスポーツで大会を控えている人なら、「ナンバーワン」という文字やゴールテープを切っている写真が大きく貼ってあるでしょう。仕事で成功したい人なら大企業の社長の写真が、経済的に裕福になりたい人ならブランドバッグやジュエリーの写真が貼ってあるかもしれません。疲れている人なら、海や山など穏やかな風景写真が貼ってあるでしょう。ダイエットをしている人なら理想とするモデルの写真や、逆に美味しい食べ物の写真が貼ってあるかもしれませんね。完成したコラージュを眺めてみて、自分の夢や目標は何かを読み取っていきましょう。

完成したコラージュは、部屋や玄関など、いつも目に入るところに飾っておくことをおすすめします。眺めるだけでモチベーションが高まってきますし、「今日はこれをするぞ!」という日々の目標が明確になるでしょう。

コラージュは定期的に更新しよう

コラージュは一度作って終わりにするのではなく、定期的に作り直すことをおすすめします。なぜなら、小さな夢や目標は日々変わっていくからです。できれば3ヶ月に1度くらいの頻度で更新していきましょう。

新しいコラージュと以前のコラージュを見比べると、どの目標を達成することができたのか自分で確認することができるでしょう。もう叶った夢や目標は、自然とコラージュに入らなくなるはず。逆に日々の生活の中で、また新しい夢や目標が生まれてくるはずです。たとえば仕事で大きなプロジェクトを成功させたいという目標があった人は、以前のコラージュには仕事関係の写真や切り抜きが多かったことでしょう。しかし、プロジェクトが無事に終わった後は、仕事関係の切り抜きは減ってリゾートやグルメの切り抜きが増えているはずです。また以前は色々な夢やチャレンジしたいことがあった人が、だんだんとひとつの目標に集中してくるかもしれません。コラージュの更新を通じて、日々の自分の成長や価値観の変化などを確認することができるでしょう。常に自分の状況や未来を確認することで、より良い人生を歩んでいけるはずです。

コラージュを作ることは、自分でも意識していないレベルの夢や目標をハッキリとさせることに繋がります。まずはあまり考えすぎず、楽しみながら自由にコラージュしてみてください。そして完成品から自分の求めていることを自覚し、実現させるための努力をしていきましょう。


仕事に子どもに活用。心理を学べるアイディアのスペシャルセミナー




説明会のお申込みはこちら

  • メンタルトレーナーを目指す
  • 他のコースを見る